作業担当者

様々な害獣|害獣駆除の専門家に依頼して確実な駆除

家ねずみの種類と特徴

家

害獣被害と聞いて最初にイメージする害獣はねずみかと思います。ねずみは日本各地どこにでも現れその被害を発生させています。中でも都会に多く室内に侵入し被害を発生させるねずみを家ねずみと呼び、家ねずみは3種に分類することが可能です。
まず3種のうちの1匹目としてハツカネズミがいます。ハツカネズミは家ネズミの中でも最も小さく、比較的可愛らしい見た目をしていますがれっきとした害獣です。その性格はおとなし警戒心も低いです。ハツカネズミは主に農村環境に生息しており、倉庫内に保管している貯蔵穀物に対する食害を及ぼします。そのためねずみ駆除の対象となっています。次にクマネズミです。クマネズミは中型のねずみでその特徴として長い尻尾と耳が大きいといった点があります。クマネズミは全国各地に生息しているねずみで特にビル内にて被害を及ぼすことが多いようです。垂直な壁を駆け上がる力が強いため、ビル内の配管や配線を伝って移動することが可能で、その被害は場合によっては大きな損害を及ぼすでしょう。このネズミもねずみ駆除の対象です。最後にもっともポピュラーな家ねずみであるドブネズミです。ドブネズミは3種の家ねずみの中でも最も大きく灰褐色の毛並みが特徴です。また、垂直な壁を登るのが苦手な変わりに泳ぐことが得意で建物の排水溝などから侵入してきます。その性格は獰猛で無理に追い込むと噛み付いてくるもあるほどです。ドブネズミは家ねずみの中で1番のねずみ駆除の対象といえるでしょう。こういった家ねずみを見かけた場合には被害が発生する前にねずみ駆除の専門業者に駆除依頼をだすことをお勧めします。