作業担当者

様々な害獣|害獣駆除の専門家に依頼して確実な駆除

ハクビシンによる害獣被害

屋根裏

ハクビシンと呼ばれる生き物をご存知でしょうか。この生き物は額から鼻にかけての毛並みが白いことが特徴の日本で唯一ジャコウネコ科に属する生き物です。その見た目も可愛らしいですが、害獣として扱われているのです。害獣として扱われる理由として、ハクビシンが糖度の高い果実を好んで餌とするため、果樹園などの農作物に被害をだすのです。また、近年では餌を求めて郊外にも出現し、生ゴミを漁るなどの被害も発生しています。こういった被害以外にも家屋の屋根裏に侵入し住み着き、糞尿による悪臭被害やそこから発生するダニやノミによる二次被害も発生させます。多くの害獣がそうであるように雑菌による衛生被害も発生させるなど様々な被害を発生させているのです。
様々な害獣被害を及ぼすハクビシンを対策する方法があります。しかし、ハクビシンの対策を自力で行うのは難しく、再び侵入されて被害を受ける可能性もあります。また、屋根裏を糞尿で汚染されている場合にその汚染箇所を除菌・消臭する作業はとても手間の掛かるものになるでしょう。そういった場合にはハクビシン駆除の専門業者に依頼することで的確な駆除と今後の被害が発生しないようにする対策、汚染箇所の後始末まで全て行なってくれます。ハクビシンは運動能力が非常に高く、そのジャンプ力は垂直に1m飛ぶことが可能です。電線なども綱渡りすること可能なのでどこから侵入してくるかわかりません。そういった点を考えても専門の駆除業者に駆除と対策を行なってもらうほうがいいでしょう。